テーマ:映画

映画『クライマーズ・ハイ』

クライマーズ・ハイ楽天ブックス 文春文庫 著者:横山秀夫出版社:文藝春秋サイズ:文庫ページ数:471p発行年月:2006年06月この 楽天市場 by ウェブリブログ 久しぶりに電車から降りたくなかった本に出会いました。 読み終えるまで電車から降りたくなかった・・ 会社で仕事をヤッツケテイル最中でも本の続きが気になって仕方なかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

ウォン・カーウェイ監督の作品で一番すきなのは・・・ 「欲望の翼」 なんて、ギューギュー締め付けられる、苦しい映画なんだろう。 なんで観ているものをこんな気持ちにさせるんだろう。 って思った。 そんな気持ちが久しぶりによみがえった。 せつなくて、苦しくて、意地悪な仕打ち。 でも時間は過ぎて人は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラストコーション』

この映画を観たいって思う要素として、話題性や好きな俳優がでているってのは不可欠だと思う。その中でおいらは、好きな監督な作品ってな理由でこの作品を観てきやした。 ブロークバック・マウンテンでアカデミー監督賞を獲得した アン・リー監督。 とにかく、今回の映画はその過激な描写で、日本では でも、そこだけクローズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『オーシャンズ13』★★★★★

豪華だよ。 前作も思ったけれど、これだけの俳優人が揃えば、それだけでいいのよ。 何の問題もありゃしません。 ゲストがアル・パチーノだよ、普通じゃないでしょう。 あっちもこっちもというよりは、ストレートな話できたよ。 仲間の敵討ち! 裏をかいて裏をかいて・・・スマートに決めていく彼ら「オーシャンズ」 彼らがど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『石の微笑』★★★☆☆

ひとくせ、ふたくせ、みくせ・・・・それがフランス映画の醍醐味とちょっと思うおいら。 やってくれましたよ、今回も。このどことなく懐かしい~さび付いた感じ。 ブノワ・マジメル好きだから観ておかねばと足を運びました。 独自の雰囲気をつらぬいた映画って感じよ。 愛・愛・愛・愛しているならば、殺人さえもできる。それがある愛の形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『レミーのおいしいレストラン』★★★★★

ピクサーがまたまたやってくれました! シェフになることを夢見る一匹のネズミ、レミーと料理の才能が全くない青年、リングイニがパリで奇跡を起こし、人のぬくもりを感じるレストラン「タラトゥーユ」を開業するまでの夢のような物語。 CGのすごいこと。髪の毛一本の動きのすごさにはだいぶ慣れてきたが、濡れた感じや水溜りの映像なんて、ほんっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ハリーポッター 不死鳥の騎士団』★★★☆☆

毎回この映画を観るたび思うのは、 この子達 ほんっとに大きくなって・・・。 っと近所のおばちゃん状態。 とにかく、続編とは前作からのお楽しみと前作をしっている優越感と期待度満載!ばかりではない。今回この不死鳥はほんっとにこのシリーズを観ていないとわからない。まさにイチゲンさんお断り状態です。 いつもよりダーク感があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アズールとアスマール』★★★★★

フランス版のアニメ。 身分の違う二人が、時を経 冒険に出る。ジンの妖精のいる光の大広間へと向かって。 とにかく、その色彩の美しさに目を奪われる。すばらしい。その綺麗さに涙しそうになってしまったほどだ。 それに劣ることのない物語。かなり奥深い内容なのに、案外さらっと進んでいくし、冒険も大げさに描くことはなく、その色彩の鮮やか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ダイハード4.0』★★★★★

常々おいらは思うのだよ。自分の身体と精神力で頑張ってるスポーツ選手はすごいって。それで年俸額が1億いかないからとか、あと数千万あげろとかゴネルのはもっともだと思う。だって怪我をしたら、はいそれま~で~よ!の世界で生きているんだから。本人の精神状態は棚に上げて「**王子」なんてもてはやすだけで、ちょーっとしたら他に王子を探してくる世間の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アヒルと鴨のコインロッカー』★★★★★

伊坂幸太郎さんの原作を読んでいない。 だから、この題名から何を想像する? アヒルと鴨がコインロッカーに入れられた? その程度の浅はかな思考のもと、観にいってきたこの作品。 号泣。ぼろぼろと涙を流してちと恥ずかしくなってしまうくらいに。 淡々と進んでいく物語。劇的な音楽効果でここが一番の盛り上がりです!なぁんてお膳立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『舞妓Haaaan!!!』★★☆☆☆

面白いよ、確かに面白い。 でも、2時間の映画に耐えられなかったってことは、おいらはそんなにクドカンファンではないのかもという事実が判明。1時間くらいのドラマで見るくらいがちょーどいいのかも。 だって、だんだんうっとーしぃーんだもん。 もういいっしょ。と思っちゃったんだもん。 それは、なにかい?阿部さんの演技がくどいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ゾディアック』★★★☆☆

『セブン』の監督デビッド・フィンチャー作品。 実際おきた未解決事件の映画でやんす。 で、 なげーなげー・・長すぎ。一体どんだけの上映時間?軽く2時間は越えてた。 ここで、終わりか?っと思いきや、そこから1時間以上続いただろうぅぅ。 ゾディアックという犯人を追う映画かと思いきや、追っている刑事、記者、で、なんでイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『傷だらけの男たち』★★☆☆☆

試写会へ行って参りましたよ。 なんせ!おいら大好き「インファナルアフェア」チームによる作品だもの。 今度は、どんな「闇」をみせてくれるのかと、期待度高まる中での上映。 始まりはいい感じよ~ 高速でのシーン、暗闇に流れ行く街と車の明かり・・音楽によりその世界観が広がる。 ゾクゾクしてくる・・。 が、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』★★☆☆☆

テンコ盛りとは、このようなことを言うのでしょうか? もう、どこへ行くの~的。 見せて魅せて・・・みせすぎっ! が、 遊びがすぎた感じがしてならない、おいら。 だから、ラスト急速にまとめちゃいました。って思っちゃうのよ。 でも、この役を自分のものにしてしまった、デップ。かっちょいぃぃ マトリックス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラブソングができるまで』★★★★☆

ヒュー・グランドのラブコメディは、もう安心して観られる。文句のつけようがない。唯一あるとすれば、ヒューがお歳をめしてきたってことぐらいかしら? 80年代ポップスのシーンは、思わず、ワムやら a-ha がチラチラと頭をよぎって笑っちゃいましたよ。ドリュー姫も素敵で、彼女のラブコメディはいいんじゃないの~?とーってもキュートで、衣装も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『こわれゆく世界の中で』★★★☆☆

この監督作品は、やはり難解。 奥が深すぎるし、重い・・・。めげる。 真実の愛をみつけるお話。 真実の愛を手に入れるには、いまを壊さなければ到達できない。 「失ってから気づく本当の想い」ってのは「失ってる」わけで、この作品はそこから本当の愛を手にいれ一緒に生きていこう・・・。 他に愛を探さずに、私を愛して。「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』★★★★☆

オサライが必要よ。復習しましょ、復習。 あまりにもタイトル通り、いっぱいの人がでてきて、そのぶっ飛んだストーリー展開に 大変、大変。観ているソバから 「こいつは、暗殺者。」「この人は・・・FBI」と確認確認。指差し確認が必要よ とにかくお腹いっぱい。その出ている人の豪華さもそうだけれど、銃撃戦にマジックも 中途半端さを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『13/ザメッティ』★★☆☆☆

公開前のサイトとチラシに魅せられ、心待ちにしていた映画を観てきやした。 あかんっ・・期待度が高かっただけに・・ちょっと残念。 イマイチ映画に呑込まれていかない自分あり。 案外レイセイに鑑賞しちまいました。 モノクロの映像だったので陰影が引き立ち、その人の情を表したまさに「表情」が 映画を引き立てていた。 なんとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『スパイダーマン3』★★★☆☆

映画館で観ないでどーするのよ! そんな作品。 その特撮のすんごいこと、テンコ盛りです。 おそらく、1・2を観ずに いきなり3を観る人は少ないと思うけれども 3から観た人でも、細部の話のつながりがわからなくてもこの特撮シーンをみるだけでも楽しいし、鮮烈だと思う。 ただ、ちょーっと特撮のテンコ盛り同じく、話がテンコ盛り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バベル』★★☆☆☆

何かと話題?の映画。 凛子さん効果で あまりこの映画に興味がなかった方もきっとどんな映画なのだろうと 関心をよせたはず。 この頃は、映像がチカチカして体調を悪くされた方もでたとのこと。 でも、やっと公開です。長かったぁ~ ロッキーファイナルも「あれ?やっと公開?ずーっと前から上映されていると思った」と感じるくらいこの頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)』★★☆☆☆

おいおい、どーしたどーした。 ちーっとばかし、パワー不足に感じたのは  おいらだけ? 今回は「宝さがし」だから、ちょっとワクワク期待してしまったのだけれど うーん、なんと言っていいかわからないが、ピリっとしたものが ちとばかり、足りなかったような・・。 大人のオイラにはそう感じたが、おこちゃま達にはワクワク映画か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ブラッド・ダイヤモンド』★★★★★

泣きすぎました。号泣です。 このディカプリオにアカデミー主演男優賞をあげたかった。 賞なんて関係ないのかもしれない、でもこの映画の彼に賞を与えたい。 おいら一番大好きな「ロミオ&ジュリエット」の美しいディカプリオ。 その美しいディカプリオを曇らせるほど、このディカプリオはほんっとに惚れる。 その姿が悲しくて、悲しくて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナイト・ミュージアム』★★★★★

もう言うことないでしょ。 ベン・スティラー主演作品だもの。 感想なんてベラベラ言うものじゃないでしょ。 おもしろいんだから、この人が出るとそれで「色」ができちゃうんだから。 もう、それで良しでしょ。 親子で一緒に観て笑らえる洋画ってこの頃少ないからね。 アニメ系ばかりじゃないんだぞ!ってぇぇところを教えてあげたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パリ、ジュテーム』★★★★★

パリ好きには、楽しい映画。 そこ知ってる! ん?ここって何区?ちょっと気になる・・・ といった気持ちが映画をよりいっそう盛り上げる。 18話の愛情物語。 短編映画でパリの各々の区を舞台に繰り広げられる。 やっぱり、そう思わずにいられないのが・・・ 「パリって街は、大人の女性が似合うなぁ~」と。 きっと年齢的に立派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ホリデイ』★★★★★

試写会へ行って来ました。 すっごく心優しくなれる、ホロッとさせられる映画です。 失恋した2人の女性が、ネットで情報交換し2週間だけ互いの家を交換するバカンスのお話。 一人は、ロスからイギリスの田舎町にあるメルヘンチックなお家(男ゼロ)へ。 もう一人は、イギリスの田舎町からプール付きの豪邸ロスへ。 そこで2人は素敵な出会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ワンピース 砂漠の王女と海賊たち』★★☆☆☆

大好きアニメ「ワンピース」。 特に今回の話、アラバスタはワンピースを代表する一作品といってもいいくらい。 大人のおいらが涙ぽろぽろしたお話。 人の悲しみを受けとめることや認めあうこと。何よりも人を信じぬく心の強さを教えてくれる。 もちろんアニメだから現実ではありえない強靭な力はあるけれども、それでも人の感情を揺さぶりかけるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『どろろ』★★★★☆

うん、自分でもびっくりするくらい 単純に楽しんで観ちゃいました。 CGもすんなり受け入れられたし、何よりもどろろと百鬼丸が魔物と戦うシーンは音楽にのせて 流れる映像としているところがいいじゃない、テンポよくってさ! 若手俳優陣とベテラン俳優陣の共演もいいし、 中井貴一さんはいやぁいい歳のとり方よね~かっこいいわぁ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『墨攻』★☆☆☆☆

なぁーんだか、個人的に今ひとつわからない映画でした。 これはぁ・・事前に勉強をしていった方がよかったのかな? この映画の焦点はなにかなぁ~? 墨家が人の心を捉えるところか? それとも、戦の痛みか? 漫画が原作ということだが、これは漫画を読んだほうがいい? ずーっと観ている最中そんなことをおもいながら観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラッキーナンバーセブン』★★★★☆

コメディなのかなぁ~なんて安易な思い込みで観始めた映画。 が、違う。復讐映画だった。 ありそうなタネアカシでありながら、ラストはそうきたか! いやぁ~いい映画だった。おもしろい! 途中までは、単なる不運男「スレブン」。 後半は悲しみを背負った復讐青年「スレブン」。 ラストは愛するものを失った青年が愛する人と新たな人生を歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『マリーアントワネット』★★☆☆☆

ま、こんな映画もありなんでしょう。 歴史を語る映画というよりは、一人の女性の五感映画として観ると楽しめる映画。 まぁそのゴージャスな衣装と食。見ているこちらまで華やかな気分になってくる。 その女子色を好むか否かは、個人的判断におまかせするとして、 ヴェルサイユ宮殿での撮影といい、まぁ~なんといいますか!派手ですよ。 こ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more