『アズールとアスマール』★★★★★

フランス版のアニメ。

身分の違う二人が、時を経 冒険に出る。ジンの妖精のいる光の大広間へと向かって。

とにかく、その色彩の美しさに目を奪われる。すばらしい。その綺麗さに涙しそうになってしまったほどだ。
それに劣ることのない物語。かなり奥深い内容なのに、案外さらっと進んでいくし、冒険も大げさに描くことはなく、その色彩の鮮やかの魔法にかかりファンタジーにみえちゃったりもする。
そのような意味では、淡白作品です。

初期の、ディズニー映画 シンデレラや白雪姫のような感じ。
あれだって案外内容は意地悪なのに 「ララル~♪」なんて歌っちゃってたりしてね~。

本当は、キャラ好きおいらとしては、「これ!」っていうキャラが登場しないから観るのをためらっていたが、いたのよ、光の大広間に妙なキャラ妖精たちが!アオイあやつらが!

結果よければ何とやら。





"『アズールとアスマール』★★★★★" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント