『パリ、ジュテーム』★★★★★

パリ好きには、楽しい映画。
そこ知ってる!
ん?ここって何区?ちょっと気になる・・・
といった気持ちが映画をよりいっそう盛り上げる。

18話の愛情物語。
短編映画でパリの各々の区を舞台に繰り広げられる。

やっぱり、そう思わずにいられないのが・・・
「パリって街は、大人の女性が似合うなぁ~」と。
きっと年齢的に立派な大人のおいらでも、あまちゃんに感じるほど
色香ただよう、本物の女性がよくにあう。

9区「ピガール」のファニーアルダンや
6区「カルチェラタン」のジーナ・ローランズを観たら納得よ。
(グロリアの彼女もかっちょええええけれど)
一言で綺麗と言えない、酸いも甘いも知り尽くした女じゃないとあんな貫禄はでないんだろうね~すんばらしい!

10区「フォブール・サン・ドニ」のナタリーポートマンもいいよ!

あと!日本人監督の「諏訪さん」
うん、大物役者を起用してのお話。
こうゆう映画で日本人の監督が出ているって嬉しい。

個人的にパリってだけで、all ok! の映画っす。

"『パリ、ジュテーム』★★★★★" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント