TGVでパリへ

画像


ストラスブール駅からパリへ移動。
交通手段はTGVで。2時間30分くらいでパリに到着。
時間でいえば東京から京都へ向う感じですな。
ただ、どう乗車すればよいのか不安だったので前日に下見をしておいた。

画像


まず、自分の乗る電車が何番線から出るのかを確認しなければならない。
↑ の電子掲示板に乗車予定時刻20分くらい前になるとここにホーム番号が表示される。なので、この掲示板の前にはやたら大荷物を抱えた人々がたむろっては、番号が出たと同時に一斉に移動。まさに大移動状態。
そして!改札口がないのだ。じゃあ、切符なしで乗っちゃっていいのか!!そうではありません。
刻印機に切符をガシャっといれて印字してから乗車するのです。ストラスブール駅でいえば、各々の階段下に黄色い刻印機がございます。我々もスーツケースをゴロゴロしながら切符をガシャっとしました。どうやらこの刻印が大切なのです。乗車したら駅員さんがやってきてこれをチェックするのです。忘れずに忘れずに。

画像


ホームで待つ間、寒くて寒くて。
やっとこさっとこ電車がやってきた。で、入り口にワっと人が群がる。列ぶってことを知らんのか!順番っていうのを知らんのか!っと思ったくらい乗り込む人々。ならば、こっちだってワっと入ってやれ~

で・・・荷物。置き場所はあるがすでに前からの乗車客ので一杯。どこにこのスーツケースを置けっていうのだ!皆うをさを置き場を探すもないので、無理矢理そこいらにおきだした人々。おいらのヴィトン(大きさ中サイズ)のスーツケースの大きさならば上の棚に置けたが、相方のハードスーツケースは無理。ってことで足下の通路に置く事にした。

画像

↑乗り込んだ時は既にこの状態。

乗ってすぐに駅員さんがやってきて切符をチェック。
それからは田園風景がひたすら続く風景を眺めながら2時間30分の乗車。

パリは、東駅に到着。
ここからメトロ7番線に乗ってピラミッドまで移動。スーツケースをゴロゴロしながらでも東駅のメトロ乗り場への移動は大丈夫。メトロの看板も見やすくなっているし、エスカレーターもあるので問題なし。
窓口にて「アン カルネ シルヴプレ」。
スーツケースを邪魔顔されながらメトロに乗り込み・・・ホテルへ。
チェックインには時間が少々早かったので、荷物を預け

画像


いざ!パリの街へ。

ランキング参加中
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
↑ペルル~パリだよ~



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント