パリ   ロダン美術館

画像
画像

Rue de Bourgogne をRue de Varenne までまっすぐ進み
右に曲がったすぐそこに ロダン美術館。
ここは、庭園とロダンの作品がとてもすばらしいとのことで、是非訪れたかった場所。
ロダンといえば、考える人。とあるCMでミケランジェロなぁんて言ってるけれど、作者がわからずとも、考える人 は何故だかわかる世界の人々。

画像

画像入園してすぐに、こりゃあ確かに美しい。。と思わせる洋館がどっしりと出迎えてくれる。
矢印の方向に進んでいくと、さっそくというか主役の「考える人」があっさりと出迎えてくれる。もうちょっともったいぶってもいいのでは?と思ってしまうほどだ。
洋館のわきの小道を進んで行くと、それは、なんとも美しい中庭が現れる。

画像

きちんと手入れされている庭に ロダンの力強く躍動感をびしびし感じる作品が ピリっと効いて、絶妙なバランスの憩い場所となっている。

画像
画像


ゆったりと、その雰囲気を感じながら時間を過ごしていたおいら達だが、やはり腹時計には勝てぬ。そして、この頬をさす空気。
ロダン美術館の庭園にはカフェもありここでちょっと冷えた身体に労りを。。ってなことでランチをとることに。
どでかいサーモンがバゲットの上にデーンと。。それとロゼワインを頂くことに。
冷えた身体にワインってどうなのよ? いえいえアルコールで身体の芯からあったかくなろう!
画像


腹も満たされ、満足しているおいらの前には、
お!ありゃあエッフェル塔の頭でないの?
なぁんか、嬉しいね。
画像


ロダンの作品の手や足の大きさ、そして筋肉の表現?
なぁんか、ワイルドです。

画像


すべてに満足したおいら、
いいものを拝見し腹もいっぱいになると人間の感情を左右する気温も何のその。
その肌寒さにも負けなかったおいらの目の先には
画像

傘ぽん。
お、お、お前は雨になるとデパートの入り口に登場するよね!?
漢字だよ。まさに 「めいど・いん・じゃぱん」。
これって世界進出ってことでしょう。

日本に帰ってからネットで「傘ぽん」と検索したことは言うまでもない・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント