『unknown』★★★★☆

この手の映画ですぐ思い浮かぶのは、やはり「ソウ」

始まりと同時に事件の中・・。
どうしてそうなったのかなんて考えちゃいけません。
もう、最初からどっぷりその映像に食いついちゃいましょう。

温かさも何も感じないコンクリート、むき出しの鉄筋、ロッカールーム
そんな錆びれた工場の中で目覚めた5人。

自分の名前さえも思い出すことができない記憶喪失状態のなかで把握する現状。
何かの拍子でボンベからガスが漏れ記憶を失った。

先に目覚めた1人が電話で話した相手、誰なのか?

何故おれたちはここにいるのか?

少しの状況判断でわかったことは・・・
2人は被害者で3人は電話口の仲間、犯人。

一方、会社で誘拐された夫のために身代金を用意し、警察に協力する妻。
犯人逮捕に躍起になっている警察。

5人が各々断片的に失った記憶を取り戻した・・。
そう、誰が被害者で犯人なのか自分自身で分かり始めたそのとき、
電話口の仲間がもどってくる。
どっちにしても、生きてこの場所から出て行ける保証はない・・・。

この手のラストはもちろん「どんでんがえし」その仕掛けが、ラスト怒涛のごとくやってくる。
一つの仕掛けを考えてると次の仕掛けがきてた。

でも、一つは想像外だったけれど、
奥さんはね~あれで絡んでこなかったらおかしいでしょう・・。

期待大で行かない方が よりこの映画を近くに感じることができると思うなぁ

でもいい感じ。
喉が渇くようなザラツイタ、なのにじんわりと汗ばむ感じの感触がいいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント