『Vフォー・ヴェンデッタ』★★★★☆

ウォシャウスキー兄弟が脚本&制作の映画を観てきました。

なんか、すごく重厚で政治的要素たっぷりで難しかったぁ・・。
11月5日を忘れるな・・実際の事件としてある英国の火薬陰謀事件をからめてのストーリーになっているのだが、独裁国家となった英国へ仮面男「V」が復讐する・・。
もちろん、単純にこれだけの話ではないのだが、どうも文才のないおいらでは説明がなかなかできん。観てもらい感じてもらうしかない。

この映画で話題になっているのが、ナタリーポートマンが丸坊主になったということである。
カメラを5台くらい設置し、一発勝負の撮影だったらしい・・。丸坊主になった彼女は、素の美しさ、役柄的にもこの丸坊主にしたシーン過ぎあたりから芯の強さ、迷いのない生き方を探し出したので本当に美しさが際立った

近未来の背景設定ではあるが、現実世界においても「起こりえない」「ありえない」とは言い切れない内容だっただけに、うーん・・唸ってしまった。

まぁ、とにかく観てください。

マトリックスのような派手さはないけれども、ウォシャウスキー兄弟の映像を感じられる一本です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント